Q-400 搭乗記

カナダ製 ダッシュ8(エイト)Q-400 の御話です。ボンバルディアQ-400 デハビランドQ-400
DHC−400 DHC Q−400 等色々な言われ方をしていますが、国土交通省の登録形式によるとボンバルディアDHC
ー8−402 と言うそうな・・・  なにかサプリメントみたいですね。


定員 74人
巡航速度 667q/h
最大離陸重量 28又は29d
全長 32.8b
オール普通席

プロペラ機ですが、エンジンはプラット&ウィッニーPW150A と言うターボプロップ です。
ようはジェットエンジンでプロペラを回しているわけですな。

産まれて初めてのプロペラ機
俺が始めて飛行機に乗ったのは、松山就航直後のアシアナ航空ボーイング737であり、なんとセスナ以外はプロペラに
乗ったことが無かったのです。今回話題のすんげえプロペラ機Q400に何とか乗りたくて、夏季料金で尚且つ正規定価
の高い料金にもかかわらず乗ってきました。

まず

な、なんじゃこりゃ。 そういや高知龍馬空港でも見たぞ。ようは写真左の車線に路駐出来ないようにする技ですな。
(以前は有りませんでした)。でもこの先に止めてはいかんぞ。じゃまだから。 航空券をネットで予約したのは、なんと
当日の早朝4時。(JAC便を予約)便利な時代です。 しかもネットで申し込みで人件費も掛からず、定価で片道だけ乗
る とは俺もイイ客ですな。 そしてターミナルに入るとJALカウンター横の自動チェックイン機へ、クレジットカード又は
マイレージカードを挿入せよとの表示が。さっそくクレカを挿入(支払い自体はWEBで済ませている。その方も実際の搭
乗時にはクレカを持参して下さい)すぐ、明細と、搭乗券が一瞬で出てきました。 2階の店で土産を買い、3階の無料
送迎デッキへ。



定番 チェックイン後、展望デッキから飛行機見物
今回は仕事での利用では無いので早めに空港に着いていました。 こう言う時は、まずはチェックイン(マシンOR窓口)
(機内に持ち込めない、預ける荷物の有る方はその時預ける)は先に済ませた後、レストランで食事をするとか、充実し
た土産物屋さんで買い物するとか、誰でも入れる1000円のラウンジ(シャワーも有り)でくつろぐとか、3階のゲームコー
ナーで電車でGOや飛行機着陸ゲームなどで遊ぶとか、無料の展望台(送迎デッキ)で飛行機を眺めるとか色々楽しめ
ます。 俺は今回1階で伊予銀行のATMから旅行資金を引き出しました。8:30から稼動していますが、8:45以前は一応
時間外手数料を取られます。 俺は結構仕事が終わって帰るのが遅い為、翌日直で空港に行く時は、この朝からやっ
てるATMを重宝しています。

展望台では各スポットに入った航空機が真近で見れますし、貨物の積み下ろしや、空港関係者の動きが色々見れて面
白いです。この日はほぼ無風状態であった為、優先滑走路方式の松山では。着陸ランウェイ14、離陸ランウェイ32とな
ってました。要は海側からアプローチ着陸、海側へ離陸という感じですね。

さあ搭乗だ
まず2階のセキュリティチェックの入口から入ることになります。俺の場合、鞄以外、家の鍵携帯、時計、財布ETC 金
属系のものを全てはずし籠にいれます。X線感知機の手前で籠と鞄を渡し、搭乗券(切符)をみせます。この時自分の
名前を言って下さいと言われる時も有りますが、すらすら日本人の発音で答えればOK。そして自分本人は金属探知機
を通過して、先ほどの籠と鞄を受け取り終了。 このあとはゲート前の待合所で待つことになりますが、ANA,
JALのVIP会員のかたはそれぞれのラウンジがここに有りますので利用して下さい。 またここには売店も有り、ビー
ル、コーヒー、サンドウィッチや土産物も有ります。 ここにはマイレージ登録マシンや羽田からのモノレールの券売機も
有りますので利用しましょう。俺の場合は、今回搭乗券に「マイレージ登録済み」のような印刷が有ったので、使いませ
んでしたが。
画質はわざと落としています
出発ゲートはA。 旧JASやJAC系列で中、小型機は大たいこのゲートAとなります。そしてそのの機材の場合ほぼ1番ス
ポットとなります。ちなみに1番スポットはプロペラの場合2機駐機できます。 ボーディング開始のアナウンスの後いよい
よ搭乗。自動検札機に搭乗券を挿入し半券を受け取り、そのまま進んで地上に降ります。松山はバスによる搭乗は
一切無く、徒歩かPBBとなります。 俺は、石垣、金浦、シャルルドゴールでしかオープンスポットは体験が無い為ドキド
キ。 以前フランスで、写真を撮ってたら「NO!」と思いっきり怒られたので本当は駄目なのかもしれませんが、瞬間だ
け、傾きながらもなんとか撮影。

こっ こんなドアの裏側に階段が付いている飛行機に乗るのは初めて。ドキドキ。


機内へ
WEB予約の段階から窓側を指定していて、D席でした。通路一本横2−2の座席配列です。色々写真を撮ろうと思った
のですが、御存知のように、シートベルトサインONの時、離着陸時は電子機器(デジカメなど)が使用出来ない為、撮影
できていません。すみません。

室内は新型機のため大変綺麗。またスプリンターなのでシートは簡素なものですが、背もたれ部分の厚みが大変薄く
なっています。薄いということは、後席足元に余裕が出るということであり、足が長い人も膝が当たらずGOOD。

またこのダッシュ8は高翼機と呼ばれ、胴体の天井に主翼が付いています。と言うことは、どの座席からも、翼に邪魔さ
れること無く、窓からの景色が堪能できるということです。

BAT!

天井から生えている翼には、エンジンとタイヤ(ランディングギア)を収納するカバーが付いています。 コレが邪魔で、
タキシング中の空港の景色があまり見えません。がっくり。 さて今回俺が乗り込んだ伊丹行きJAC便は、定刻通りドア
クローズ。右エンジンから始動、続いて左。そしてトラクターに押されることも無く、自力でくるっとターンして、案の定ラン
ウェイ32(320度方向。北西ですね)へ向けてタキシング。プロペラ機はインターセクションディパーチャーと言って、滑走
路の端まで行かず途中から離陸する時もあります。特に熊本便。しかしこのQ400は大体端まで行きますねえ。今回も
端まで行って、さあ離陸! エンジン回転が上がりプロペラピッチも変わりました。加速Gはジェット並で体がシートに押
し付けられます。 そして離陸! 窓のすぐ外に有るタイヤが高速回転しながらしまい込まれる。すすごい。このタイヤ
は引っ込んだ後も当分回りつづけてるよ、おそらく。


バビューン 離陸

写真はANAのQ400ですが、機体の傾き(ピッチ)がプロペラとは思えません。

ちなみに同じ地点で撮影したYS11の傾き具合

ジェットとは違うルートで
松山空港からの離陸機は、福岡行きを除いて殆どの場合 リバーサルディパーチャーと言う経路で上昇します。今回は
32離陸ですから瀬戸内海に出た後左旋回しながら出来るだけ海上で高度を稼ぎます。そしてさっき離陸した松山空港
上空を通過します。正確には空港南に有るMATSYAMA(MPE)VOR/DMEです。その後東に向かうのですが、プロペラは
ジェットとは経路が違うようです。



名古屋行きや大阪行きのプロペラはMALTAトランジッションと言うやや瀬戸内海よりの空路を進みます。俺は今回右
側の席だったのでよくわかりました。松山市内上空を通過後、東温市上空、桜三里がよく見え(この辺はジェットでも同
じ)その後は、西条や、新居浜市街が右に見えました。ジェットの場合、伊丹・関西行きは左に見えます。プロペラなの
で高度もさほど上げず良く見えます。詳しく調べてませんが、高くてもせいぜい17000フィート位です(ジェットでも大阪行
きはこんなもん?)。
瀬戸大橋は左に見え、このあとはっきり見えてませんが高松空港上空(吉野川も見えつつ)を通過、そして徳島空港上
空を通過後本州へ、しかし俺も余り知らない風景が目に付き(恐らく奈良県と思われる)レフトターン。無線は聞いてな
いが、やや左風が強い様子。伊丹空港のランウェイ32Rへのファイナルアプローチ。フラップが徐々に出る姿も丸見え
です。
新大阪上空を通過。エンジンカバーからタイヤが出てきました。伊丹空港は滑走路が2本ありますがプロペラや 
CRJ 737 A320 MD(特にMD87)は1800メートルの右滑走路(ランウェイ32R)を主に使用します。横風時の定番、スリ
ップ法と言う、わざと風上の左のタイヤから接地させる方法でランウェイ32Rへタッチダウン! 足の軸がグ−っと縮む
様子が見えました。そして急減速。プロペラピッチ(羽の角度)が変わってジェットで言う逆噴射状態に。滑走路が短い
ので端まで行ってしまいました。
窓からタイヤが良く見えます。ベルトサインOFFの時撮影。
そしてそのまま右折。旧JASが主に使用していた奥のスポットに到着。定刻です。御疲れ様。


感想 まとめ

・この区間なら所要時間もジェットと同じで文句無し。
・騒音を集音して逆位相にしてスピーカーから出して打ち消し有っているので特に機内はうるさくない。
・眼下の景色やタイヤが良く見える。
・駐機場をテクテク歩くのも時には楽しい。


みなさんも是非Q-400に乗って見て下さい






目次へ戻る


松山空港時刻表TOPページへもどる








SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送