羽田空港 飛行機見物その1


注: 2013年現在 D滑走路も稼動しており本文中の状況と異なります。


今回、筆者は、なっ何と羽田空港に飛行機を見る為だけに行ってきました。 見たかったのは膨大なトラフィック。着陸
機が列をなしてアプローチしてくるとのことだったので楽しみにしていました。 仕事では、過去数回羽田空港は利用し
ていましたが、降りてすぐモノレールに乗り、帰りもせいぜい30-40分前に空港にたどり着く と言うような状態でまともに
飛行機見物をしたことが無かったのです。

まず羽田空港を御紹介。滑走路は3つ有ります。A,B,Cと有りますが、正式な言い方でランウェイ34レフト とか言いま
す。




今更ですが、ランウェイ(RWY34)とは340度の方位を向いていると言う事です。 羽田の着陸機は基本的にはRWY34L
に到着します。34Lは着陸専用に使い、離陸専用に34Rを使うわけです。しかし着陸機の集中する時間帯には、34L34
R同時着陸も行われます。(両方ともILS進入)。感じとしては阪急電車の十三から梅田の間のようになります。平行して
走って(飛んで)いるのが窓から見えますよ。


しかし南、南東の風が強い場合は、着陸RWY16L 離陸RWY16R となります。こんなことは言い尽くされていますが、知
らない方もいらっしゃると思いますので・・・   この16L着陸はちょっとだけパイロットの腕の見せ所で、ILS自動着陸進
入は出来ません。 尚且つディズニーランドを右手に見ながらお台場フジテレビを目指して低空でターンし回り込んでい
く、VOR/DME RWY16L C(チャーリー)アプローチと呼ばれています。




もう一つのパターンは、横風用滑走路 RWY22を使う時です。220度の方向を向いている訳ですから、南西の風が強い
時の着陸にはもちろん使われますが、実際は南、南南東などの風卓越時にも使われます。要は16L着陸相当の風向
きでも、視界が悪い時はILSの付いているRWY22着陸が行われるのです。 この時は離陸は16Lが使われます。この
RWY22(俗に新B滑走路と呼ばれる)は2500メートルしかなく、横風着陸専用と考えて良いでしょう。ちなみにRWY22はビ
ジュアルアプローチの時も有ります。(ILSを使わず目視で。視界が良いが、横風が強い場合)。この時は城南島(詳細
は後ほど)の手前でターンしてくる22アプローチです。よってディズニーランドは右に見えますが、ILS22アプローチの時
は左に見えます。


上記の例外として、海上保安庁や新聞社の飛行機は、駐機場との位置関係から、風向きに関係無くRWY04離陸、22着
陸をしているようです。極々まれで、旅客便でもRWY04離陸を風向きと、行き先によってはやっているようです。昔の羽
田ではしょっちゅうでしたけれどね。あと離陸便集中時にRWY34Lプラスレフトターン っていうのも有ります。


さて滑走路が3本有ることは言いましたが実は沖合いにD滑走路と呼ばれるであろうRWY22の平行滑走路を作ってい
ます。これで南風卓越時も平行同時着陸ができますね。


ターミナルに関しては最近第二ターミナルができました。ANAとAIR DO (アンク、エーネットも)が使用します。 JAL 
SNA スカイマーク JTAは以前から有るターミナルです。



次ページへ つづく







SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO