Q-400 搭乗記 Part2

またまたQ400に乗る機会が有りました。今回もJAL便ですがJAC機材が来ました。



JACは大体1番スポットですのでゲートAから搭乗します。向かって左の方が1番スポットですので長い通路を歩きま
す。


そして階段にて地上に降ります。


地上をテクテク

駐機場で我々を待つQ-400 しかしここまで機材の形式をでかでか書いた機種はジェットを含めても殆ど無いですよね。
 またまたドアの裏側に刻まれた階段から乗り込みます。階段には、巻き上げ用のワイヤー等が露出しており、細かい
部分も観察できます。


機内はオールエコノミー席で2-2配列。内部は明るく開放感も有ります。
離着陸時以外に撮影

ちなみにこのQ400はAPU(ジェット発電機)内臓なので駐機中でも空調もOK。全員が搭乗完了するといよいよエンジン
始動です。両方の回転が安定するといよいよ出発。プッシュバックは有りません。 くるっと右に180度ターンしますが、
右後輪(メインギア)を中心に回転するので右のタイヤ自身はムぎゅ−っとなり、地面に黒い跡が残ってます・・・・。

さて今回も北風が強く、ランウェイ32からの(陸から海側に向けて)離陸です。タキシーイントゥポジションしましたが、着
陸機が14側からアプローチしており、ダウンウィンドウレグに逃げるまでしばらくホールドすることに成りました。機内で
は「着陸機を待つので暫く御待ち下さい」のアナウンス。 
そしていよいよ離陸! ハイパワーエンジンプラス6枚プロペラ、軽い機体のおかげで凄い加速Gです。窓からは離陸
後猛烈に回転するタイヤが、回転したまましまい込まれるのがまたまた目の前で見えました。



海側へ離陸! 興居島がはっきり見えます。その後なんとライとターン! これは初めてです。素人の筆者はこんなSID
が有るとは知りませんでした。詳しい人教えて下さい。 リバーサルディパーチャーでは有りません。よって松山DMEは
当然通ってません。

松山空港からは、前回書いた様に殆どの便が松山リバーサル3ディパーチャーと言って、離陸後旋回しながら高度を上
げ空港上空を再度通過して行くのが殆どです。 ちなみにリバーサルディパーチャー以外は、SHONO ONE ディパーチ
ャー(三崎半島通過)です。天草エアラインや福岡便も使用と思われますが、違ってたら教えて下さい。もう一つは
KRETA ONEディパーチャーです。これは呉沖のKRETAウェイポイント通過の出発経路ですが、現在は使っていないも
のと思われます。
クリックで拡大
これ以外の出発経路は筆者は知りませんでしたが、今回のJAC便はそのまま堀江沖上空。そして旧北条市沖上空
へ!! このまま今治まで行くのではないかな、と思っているとライとターン。旧北条か菊間の微妙な上空通過。上の写
真は石手側ダムが右側窓からくっきり見えている証拠写真です。


Q-400のシートは、薄型シートを採用しており、そのぶん後ろの人の足元がゆったりするのでGOOD!。この薄型シート
は今後ANAのエコノミー席にも採用されます。

さて飛行機は東予市の沖合いを通過。このあとはいつものMALTAトランジッションです。新居浜市などが右の窓から見
えます。
川之江ジャンクション。右側窓より。

プリクラじゃ無いんだから・・・もっと綺麗に書きたいです

このQ400は高翼機なので、下の景色が翼にさえぎられること無くどの席からも良く見えます。しかし、写真のように真横
は、エンジンカバーが邪魔で見えません。フラップが動く為の溝が写ってます。777や747のように直角に見えるほどまで
は下向かないですね。Q400のフラップは。


真下の為直接は見えませんでしたが、徳島空港上空を通過。あとは一端奈良県へ、八尾空港、新大阪上空通過。ギ
アダウン。伊丹空港ランウェイ32Rに無事着陸。またもや旧JASの奥のほうのオープンスポットに到着。御疲れ様。

クリックで拡大




目次へもどる